フェルトハットをおしゃれに着こなす

かぶるだけでおしゃれ度がアップするフェルトハット。いつものコーディネートにプラスするだけで、一段とお洒落な印象にしてくれます。マンネリ気味のお洋服が一気に新鮮味のある雰囲気に変身しますよ。ハットの流行もあり、男女問わず挑戦したいという方が殆どなのではないでしょうか。しかし、自分に似合う形や被り方が分からない、コーディネートの仕方が分からないという理由でなかなかチャレンジ出来ない方が多いのが現実です。今回は、自分に合ったハットの被り方と選び方をご紹介致します。自分に合った帽子をかぶる事で、普段とは違うコーディネートを作ることが可能になりますし、正しい選び方さえ身に付ければ帽子選びが楽しくなりますよ。是非これを機会に、ハットを使ったコーディネートにチャレンジしてみて下さい。

自分の輪郭に合ったハットの選び方

フェルトハットにチャレンジしない方の殆どが、自分はハットが似合わない!と思い込みをされている方が殆どです。ですが、ハット一つにしても中折れやボーラーやポークパイなど様々な形があります。更にツバの広さやトップの高さなど、数え出したらきりがない程デザインが豊富なのです。例えば、丸顔の方は比較的にどの帽子とも相性が良い輪郭です。中でもボーラーハットなど丸みがあるデザインは顔との馴染みもよく、輪郭の丸みを目立たなくしてくれます。面長の方や卵型の方も、どの帽子とも相性が良い方ではありますが、トップが深いハットは顔が長く見えてしまうので、ポークパイや浅めのハットが良いでしょう。ベース型や四角型の方は、他の輪郭の方と比べて個性的な形が似合います。アシンメトリーやツバが広いハットがオススメです。逆三角形の方は、クラウンが尖っているハットがオススメ。丸いタイプも似合いますが、輪郭が強調される場合があるので、気にされる方は輪郭と馴染みの良い尖っているタイプが良いでしょう。自分の輪郭に合う形が分かれば、自分はハットが似合わないなんて思い込みも一気に吹き飛びますよ。

輪郭別、オススメのハットの被り方。

自分に似合うフェルトハットの形が分かったら、次は被り方です。ただ頭にのせれば良いわけではなく、自分の顔とハットの面積のバランスが重要となります。丸顔の方は、後ろ下がりの被り方でおでこを出すように被る事で顔が縦長に見えバランスが良くなります。面長や卵型の方は、深めに被り顔の面積を狭く見せると良いですよ。高さのあるハットを被る場合は少し後ろ下がりに被り高さを誤魔化す被り方がオススメです。ベース型や四角型の方は、個性的なデザインが似合うのでハットピンなどでアシンメトリーにしたり、スカーフやコサージュなどでアレンジをして被ると良いでしょう。逆三角形の方は、ツバを地面と平行にするようにまっすぐ被る事がベストです。因みにヘアスタイルで全体のバランスを取ることも可能です。面長や卵型の方はサイドにボリュームがあるヘアスタイルにする事で顔の長さをカバーできますし、ベース型や四角型の方は髪の毛でエラの部分を隠す事も可能です。自分に合った被り方で、周りと差をつけましょう。